BEYOND THE DREAMSPHERE music for HELIO COMPASS 2022
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

BEYOND THE DREAMSPHERE music for HELIO COMPASS 2022

3,300 JPY

About shipping cost

BEYOND THE DREAMSPHERE HIROKI OKANO Feat. Akira ∞ Ikeda music for HELIO COMPASS 2022 このCDは、2022年春分からはじまる地球暦の一年を一曲の楽曲にしたものです。天体位置計算をもとに時空間を縮尺し、地球の運行を約50分で表現しています。二十四節気、朔弦望、春夏秋冬の自然音など、音楽で聞く太陽系の旅をお楽しみください。 いま人類は国籍や国境を超えて地球をまなざし、夢であった月や火星もずいぶんと身近な存在となり、太陽系大航海時代の幕開けを迎えている。私たちの描く夢の向こうにはなにがあるのだろうか。 HELIO COMPASS MUSICの楽曲は、太陽系の運行を壮大な譜面に見立てて1年を音像描写している。スタートは春分。曲の半分で秋分を迎え、再び春に戻ってくる。1年365日の天文情報を秒単位でタイムラインにし、二十四節気、朔弦望、惑星会合など、太陽や月や惑星の動きをさまざまな音で表現している。それはあたかも一呼吸に一生が感覚されるように、1枚のCDに大きな時空が詰め込まれている。本シリーズも、岡野弘幹氏とは6作目のコラボレーションとなり、早いもので木星半周ほどになる。2018年からは、アメリカDOMOレコードからリリースされ、全米にネットワークを持つラジオ番組で50分全てを一曲として放送されるという快挙も成し遂げた。本シリーズが新しい音楽表現の世界を切り開きつつあることを嬉しく思う。本作では、昨年に引き続きAkira∞Ikeda氏がフィーチャリングとして参加、ACO TAKENAKA氏、LUCA氏、ジョー奥田氏等、様々なジャンルから多くのアーティストに協力いただいた。奄美大島やハワイの波の音、サンゴやクリスタルなどの響きに誘われ、気づけば地球の記憶に触れるような作品となっている。前作『Emergence from AWAI』から続く、壮大な時空の絵巻物をどうぞ! 【 CREDITS 】 Music by Hiroki Okano feat. Akira ∞ Ikeda Natural sound design: Hiroki Okano Natural sound recording: Joe Okuda, Satoru Nakada & Hiroki Okano Sound programming: Hiroki Okano & Hiroaki Recording & Mixing: Hiroki Okano (ambience Studio) Mastering: Hiroki Okano & Daichi Yuhara (studio you) Concept design: Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS) Guest artists: Joe Okuda, Aco takenaka, Luca Video editor: Kazunori Kawamura Media programmer: Yohei Kajiwara Illustration & Cover design: Emi Sugiyama Copy editing & Translation: Eiko Sakuma (AMEA Inc) Thanks to Hiroyuki Nakano, ISAO SUDO, St Giga sound Designers union & handpan live-metal art All rights reserved. Unauthorized copying, hiring, lending, public performance and broadcasting of this record are prohibited. P&C 2022 HELIOCOMPASS & ambience co., ltd. OP.010